パナソニック LUMIX DMC-G8で動画撮影 その1「演奏撮影」




こんにちは、たかなです。

今日は僕が普段使っている動画撮影用カメラPanasonic LUMIX DMC-G8のご紹介をします。

LUMIX DMC-G8

動画撮影用と書きましたが、ビデオカメラではなく、写真機です!

なぜビデオカメラではなく写真機を使うのか

G8の動画機としてのメリット、デメリット

G8で演奏撮影をする際の設定方法とその作例

カメラの細かいスペックなどについては特に触れませんので、以上の3点にフォーカスを絞って書いていきたいと思います。

G8を使った自然撮影の設定方法と作例については、以下の記事をぜひご覧ください。

↓2019年5月23日発売の後継機種DC-G99の動画撮影についての記事もあわせてお読みください。↓

後継機種G99についての記事
パナソニック LUMIX DC-G99で動画撮影

▷LUMIX DMC-G8とは

LUMIX DMC-G8は、Panasonicの中級機種に位置付けられているミラーレス一眼カメラです。

最上位機種のGH5SやGH5、G9(後継機種)に比べるとそこまで多機能ではありませんが、プロの撮影現場での使用でもない限り、必要十分な機能が備わったスタンダードなカメラと言えます。

2018年8月現在、お値段もボディのみでGH5S、GH5の半分以下の約75,000円という良心的な設定になっています。

まずはそんなLUMIX DMC-G8で撮影した映像をご覧ください。



▷なぜビデオカメラではなく写真機を使うのか

僕がビデオカメラを使わずに写真機を動画機として使う理由は3つあります。

1.画質がビデオカメラより良い
これは光を取り込むセンサーのサイズによるところが大きいです。

一般的なビデオカメラは1/2.3型というサイズのセンサーを採用しており、これに対して各社の一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラは、最低でもその8倍以上の面積をもつセンサーを搭載しています。

その結果得られる情報量がより多くなり、高画質な映像を撮影することができます。

2.状況に合わせてレンズ交換が可能
広大な景色を撮りたい時、遠くから人物をアップしたい時、背景をぼかして撮りたい時、暗所で撮りたい時……。

いろんな状況があると思いますが、ビデオカメラのように固定された一つのレンズで幅広くそれらに対応するのは無理があります。

レンズ交換式のカメラなら、様々な状況に合わせてレンズを取り替えて撮影することが可能です。各社とも豊富なレンズのラインナップを取り揃えています。

3.綺麗な写真が撮れる

これはオマケ要素ではありますが、というより写真機本来の使い方で、スマホやコンパクトデジカメより精細な写真を撮影できます。

▷G8の動画機としてのメリット、デメリット

動画機としてのメリット

①連続30分以上の撮影が可能
ほとんどのデジタルカメラは関税の問題で連続30分以上の撮影ができない仕様になっていますが、G8は連続で30分以上の撮影をすることが可能です。

別売りのACアダプターDMW-AC10DCカプラーDMW-DCC8を使えばバッテリー切れを気にすることなく長時間撮影ができます。

②画質が良い
上にも書いた通り、スマホやビデオカメラに比べてセンサーサイズが大きくより多くの情報を取り込むことができ、より高画質な映像を撮影することができます。

G8はマイクロフォーサーズという規格を採用しており、そのセンサーサイズは1/2.3型の約8倍強です。4K映像を撮影することもできます。

③防塵防滴仕様
G8本体は防塵防滴仕様で厳しい環境下での撮影にも対応しています。野外コンサートの撮影などでも活躍できます。標準キットレンズH-FS12060も防塵防滴仕様なのでポイントが高いです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥9,283 (2019/11/22 16:31:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥1,791 (2019/11/22 16:31:06時点 Amazon調べ-詳細)

動画機としてのデメリット

①重い
標準キットレンズのセットで715gと、一般的なビデオカメラに比べると2倍ぐらい重いです。携帯性に優れているとは言えません。

②マイク性能はイマイチ
これは大体のデジカメ及びビデオカメラにも言えることですが、マイクの性能はイマイチです。演奏撮影などで音にこだわりたい場合は外部マイクが必要になります。

▷G8の動画撮影設定方法

では、実際どのようにG8を設定して撮影していくのか、少し細かく見ていきましょう。

SONY RX100の時と同様に、今回も室内でのピアノ演奏を鍵盤の横から撮影するという条件で設定していきます。

レンズは防塵防滴仕様の標準キットレンズH-FS12060を使います。カメラを固定するための三脚も用意します。

せっかくなので最高画質の4Kで撮影してみたいと思います。

記録方式と画質設定

動画モードにダイヤルを切り替えて、メニューボタンから記録方式をAVCHDとMP4の二つから選択します。

HD画質であればどちらを選んでも良いです。今回は4Kで撮影するのでMP4を選択します。

画質設定は最高画質の4K 100M 30Pを選択しましょう。

画角を決定する

ピアノから約30cm〜50cm離れた場所にカメラを置き、好みの画角を探します。

12mmの画角。少しワイドですね。もう少し鍵盤をアップにしてみます。

18mmの画角。だいぶ鍵盤に寄りました。これで決定します。

AF(オートフォーカス)設定

AF連続動作をOFFに。ONにすると手が動くたびにAFが作動して映像が揺れ動くことがあるのでOFFにします。

オートフォーカスモードボタンを押して1点を選択します。AFエリアはピントを合わせたい場所に設定します。

シャッターボタンを半押し、またはAF/AEロックボタンを押してピントを固定します。

露出設定

動画露出設定をMに。Mを選択することでシャッタースピード、F値、ホワイトバランス、isoを設定することができます。

シャッタースピード : 1/60秒
1/60秒か1/30秒が一般的です。ピアノを弾く指は動きが多いので、1/60秒を設定します。あまり動きの多くない被写体なら、1/30秒でもOKです。

また、撮影場所が交流50Hzの地域で、かつ蛍光灯照明を使う場合は1/100秒もしくは1/50秒に設定します。

F値 : 3.5〜5.6
F値は取り付けるレンズによって設定値が変わってきます。今回使用するS12060H-FはF値3.5からの設定となります。

ホワイトバランス : 色温度指定
窓のある部屋での日中の撮影は外から入ってくる光量が少しずつ変化するので、色温度を指定した方が露出は安定します。

G8は2500K(ケルビン)から10000Kまで設定できます。数値が低いほど青みがかり、高いほど赤みが増します。

iso : 露出メーターが±0.0になるように設定
isoは、数値が低ければ低いほどノイズの少ない綺麗な映像になります。少なくとも800までには抑えたいところです。

光量の少ない部屋での撮影は、照明器具を増やすなどしてできるだけ部屋を明るくすることが重要になります。

その他の設定

ここから先は完全に好みの設定になります。

フォトスタイル : スタンダード
標準的なスタンダードのほかに、ヴィヴィッド、ナチュラル、モノクローム、L.モノクローム、風景、人物、シネライクD、シネライクV、カスタムを選択できます。

各スタイルとも、コントラスト、シャープネス、ノイズリダクション、彩度を10段階で設定できます。

フィルター設定 : オフ
特殊な効果は必要ないのでフィルターはオフにします。

ハイライトシャドウ : カスタムでコントラストを下げる

映像の暗部と明部の明るさを個別に設定できます。あまり明暗差が大きいと映像は見づらいので少しだけコントラストを下げます。

4K撮影時の注意点

4K画質は通常のHD画質に比べて約4倍の解像度になりますが、その分だけデータ量がかなり増えます。容量の多いSDカードを使うことはもちろん、書き出し速度が速いものを選びましょう。

僕は写真左側のTOSHIBA EXCERIA PRO 64GBを使用しています。

書き出し速度の遅いSDカードで記録した場合、途中で映像が一瞬止まってしまうような現象”コマ落ち”が発生しやすくなります。UHSスピードクラス3が4K動画撮影には適しています。

▷動画作例

以上の設定で撮影した映像です。音声はzoom H5で別録りしました。

4Kで再生するにはパソコン版のGoogle Chromeを推奨します。Safariは非対応です。

▷まとめ

ミラーレス一眼カメラながら30分以上の連続撮影ができ、かつ高画質な映像を記録できるLUMIX DMC-G8。防塵防滴仕様で野外での撮影もこなすことができます。

ビデオカメラの画質に満足できない、動画も写真も高画質に撮影したい、そんな方に是非おすすめしたいカメラです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥78,270 (2019/11/22 20:55:24時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です