通常NDフィルター VS 可変NDフィルター 画質比較




こんにちは、たかなです。

先日、BOWERの可変NDフィルターのレビューをしました。

今回はBOWERと通常のNDフィルターとの画質比較を行います。それでは早速行きましょう!

▷”MARUMI NEO MC-ND8″ VS “BOWER Variable Neutral Density Filter”

比較するのはこの2つ。

MARUMI MC-ND8 NEO 72mmBOWER 72mm Variable Neutral Density Filterです。

MARUMIの方はND値を変えれませんので、BOWERをND8に合わせて同じ条件で検証します。

基本スペック

画質比較に入る前に、簡単に両方の基本スペックと特徴を確認しておきましょう。

MARUMI : 固定式ND(8)、約2,400円、形状がフラットなためレンズフードの着脱が容易

BOWER : 可変式ND(2〜8)、約6,000円、先端部分が広がっているためレンズフードの装着が困難

画質比較動画

カメラはPanasonic LUMIX DMC-G8、レンズはOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROです。

▷検証結果

いかがでしょうか。色味の違いはありますが、12mm(35mm判換算で24mm)の広角側でもケラレはどちらも見受けられません。

画質はMARUMIの方が若干良好に見えますね。MARUMIはフィルターが一枚なので当然といえば当然です。

一般的に可変NDフィルターは2枚のフィルターを重ねているため画質が低下すると言われています。

広角側では良い勝負

広角側だと色味以外は大差ないです。可変式のBOWERがよく健闘しているという印象。

望遠側のボケ味に差が

一番差が出たのは、望遠側でのボケ味。

これはBOWERのレビュー記事にも書きましたが、BOWERはボケ部分に細かいシワのようなものが入っちゃうんです。

特に、背景のテクスチュアが複雑な時に目立ちます。

うーん、やっぱりこれは気になりますね。一方、MARUMIの方は滑らかなボケ味で柔らかい。

背景が比較的シンプルな場合は…

そこまで気になりません。

▷まとめ(どっちを使うか)

以上の検証結果から、基本的にはMARUMIを使用し、状況次第ではBOWERを使うというのが僕の出した結論です。

基本的にはMARUMI

“数種類のNDフィルターを持ち出さなくていい”というBOWER可変NDフィルターの利便性は確かに大きいです。

でもその代償に望遠側でのボケが汚くなるのは結構痛手です。レンズフードの取り付けができないのも地味にマイナスポイントです。

ということで基本的にはMARUMI ND4、8、16をそれぞれ持って行き、光量に合わせてフィルターを交換する。これで良いです。

状況次第でBOWER

状況次第というのは、フィルター交換が難しい環境の場合です。砂埃が舞う場所、河川など水しぶきの多い場所。

こういった場所ではフィルター交換の際に、レンズに汚れが付着してしまう危険性が高くなります。

だからフィルターを取り替えることなく光量の変化に合わせて露出をコントロールできる可変NDフィルターが強いと思います。

もしかしたら…

3万円ぐらいする高い可変NDフィルターは試したことがないのでわからないのですが、もしかしたらそれ一個で全てまかなえるかもしれません。

もし間違って何かの拍子で買ってしまったら、また比較検証してみようと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です